ねこくゎし本舗

ねこ、茶の湯、和菓子、洋菓子・・・好きなものの坩堝

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

アーモンド大尽

20130131_1.jpg

20130131_2.jpg

20130131_3.jpg

「趣味Do楽 パティシエ青木定治とつくるあこがれのパリ菓子」を
見て作る…第二弾
アプリコットのパン・ドゥ・ジェーヌ

このレシピ、3つほど特徴があると思います。
まずは、作るのが簡単!!
パン・ドゥ・ジェーヌといえば、アーモンドパウダーと粉とバターと卵を
無闇に混ぜすぎないようにでもしっかり均一にするところが難しいと
思っていましたが、これはローマジパン(パート・ダマンド、マジパン・
ローマッセ)と卵がほとんどを占めるレシピなので、このふたつを
しっかりハンドミキサーで攪拌できるのが気の張らないところかと。

2つ目は、バターの量が少ないこと。
18cmマンケ型でバター20gぽっちですよ。
バターのもたれ感がないのに、ローマジパンのおかげで仕上がりはしっとり。

そして、ローマジパンの使い方が豪快。
1台に約270gも使うのです。コスト相当かかります。
私実は、冷蔵庫に賞味期限が近くなってきたローマジパンがあったから
これを作ろうという気になったのですが、190gしかなかったので
それで作ってしまいました。。その分粉類を1.8倍にするという荒業。

オリジナルレシピから少し外れた出来上がりでの感想ですが
しみじみアーモンドの旨さを堪能できる焼き菓子。
黄金色の神々しい香ばしさと象牙色の甘い油脂、優しさとかすかな苦さを
はらんだ香り。こんな黄金郷を植物に込めてくれた自然に感謝です。
私はイルプルーで扱っているアリクサ社ローマジパンを使いましたが
とても味わい濃い優秀素材。それに自家製杏のシロップ漬け…は
甘さ控えめだったかな。市販品を使えばもう少し甘い出来上がりかと思います。

ただ、余計なことと思いつつ書きますが、こういうタイプのシンプル滋味深い
地味菓子が、一般的に好まれるかどうかは別問題です。
うちの子ども達なんて、見ただけで食べてくれません・・・
食べてくれたとしても、そこらのパウンドケーキにアーモンドスライスが
張り付いてるだけじゃん、みたいな扱いを受けそうな予感がひしひし。
こんなに材料費かかってるのに!というのは作り手側の勝手なので
これは、焼き菓子好き・菓子にうるさい方にのみ差し上げるのが妥当でしょう。

人気ブログランキングへ ぱくっと、ぽちっと。お願いいたします。
スポンサーサイト

| 手作りお菓子・お料理 | 07:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

| 志望動機の書き方 | 2013/04/06 11:31 | URL |

v-274志望動機の書き方 さん
コメントありがとうございました!!
食べることは生きている証
ひときれ美味しいお菓子があったら
いちばんの幸せかもしれませんね。^^
またいらしてくださいませ!!

| miitiku | 2013/04/06 17:11 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nekokwashi.blog.fc2.com/tb.php/365-07f65507

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>