ねこくゎし本舗

ねこ、茶の湯、和菓子、洋菓子・・・好きなものの坩堝

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小学校低学年向きくるくるレインボー

20140906.jpg

職場で、小学生一年から三年生向けの工作として
くるくるレインボー を作りました。

20140906_1.jpg

発案者はうめちゃんという方で、広く知られている工作ですが、
一年生あたりにはちと難しいかも・・・と
作りやすいように工夫をしました。
正規のキットもありますが、予算の都合上材料も変えました。
覚書を下記に。

■材料(一個分):
   0_0.jpg

    メッキテープ25mm幅長さ20cm
       幅を四等分に切ったもの 色を取り混ぜて14本
    直径3cmの丸シール   4枚
    竹ひご φ3mm 30cm  1本
    直系2cmほどの好みのシール 1個

    プラバンB4サイズ 1枚
    ストロー      3cm程度
    木工用ボンド

■準備
 ・メッキテープの幅を四等分に切る。多少は曲がっても大丈夫。
 ・丸いシールの真ん中に直径8mmほどの穴を開ける。
   パンチでは中心に開けられないので、シールをふたつに折って
   はさみで三角に切り取り、四角く穴を開けました。
 ・テープを貼る際のガイド用紙を作る。
  1_1.jpg
 ・プラバン中央にキリかハンダゴテでストローが通る穴を開ける。
 ・ストローの半分ほどまでに切り込みを入れる。
  1_2.jpg
 ・プラバンにストローを通し、切り込みを広げて裏からセロテープでとめる。
  1_4.jpg
 ・作業する机の上に、ガイド用紙とプラバンを重ねて置き、四隅をセロテープでとめる。
  1_3.jpg

■工作
 ①1枚シールのはくり紙をはがし、くっつく面を上にしてストローにさす。
  0_2.jpg 0_3.jpg

 ②ガイドの線にそってテープを張っていく。
  0_4.jpg 0_5.jpg

 ③もう1枚のシールのはくり紙をはがし、くっつく面を下にして重ねる。
  0_7.jpg

 ④もう1枚のシールのはくり紙をはがし、くっつく面を上にして置く。
  0_8.jpg

 ⑤テープをねじらないようにくっつけていく。
 0_9.jpg 0_10.jpg

 ⑤全部ついたら、最後のシールをはりつける。
  0_11.jpg 0_17.jpg

 ⑥ストローからはずし、上の穴にシールを張ってふさぐ。
 0_19.jpg 0_20.jpg

 ⑦(大人が)シールでふさいでいない穴に竹ひごを通し
 竹ひご先に木工用ボンドをたっぷり塗って、天辺に接着する。
 乾くのに30分以上かかります。

■遊び方
 両手で竹ひごをはさんで持ち、」手のひらをこすりあわせるように
ゆっくり回すと、風船のようにひろがったり壺のような形になったりします。

★材料購入先が決まっていたので、メッキテープを使いましたが
 からまりやすいので、オーロラテープの方が好ましい。
★最後の接着は、厚い両面テープを小さく切って使うのもよい。  
 ホットボンドは、ぽろりと落ちてしまってだめでした。 

50人ほどの子どもが参加し、全員上手にできました!!

私は、何年か前のMaker Faireで初めてこれを見て
即(子どもが)工作に参加したのですが、とてもシンプルなのに
美しくて繊細で、目に留まる間もなく飛び去る蝶々を思わせる
玩具だと思いました。はかなく壊れてもまたよし。

人気ブログランキングへ ぽちっと応援おねがいいたします
スポンサーサイト

| アート・イラスト | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nekokwashi.blog.fc2.com/tb.php/883-b3782dac

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。