ねこくゎし本舗

ねこ、茶の湯、和菓子、洋菓子・・・好きなものの坩堝

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

40代の終わりに

20120412.jpg

過日は夫のお誕生日。
毎年恒例イルプルーレシピの モネの睡蓮 と決めていたのに
当日に、フレッシュフルーツたっぷりのケーキなんかいいなあ・・・ とつぶやかれる。
そんな外野の意見はほうっておいて??
私の製菓はいつもワンマンプレイなのです。

このお菓子は、作る課程がまたとても楽しい。
カシスピューレを、杏のコンフィチュールに混ぜたり、メレンゲに入れたり
ショコラに加えたりするたび、その色彩にしばし我を忘れて見入ってしまう。
決して染料として残せない、自然の作り出す絶妙な美は記憶にとどめるのみ。
そうそう、エプロンについたカシスの染みはずっと消せないかも。

バラは、テンパリングしないチョコレートで作りました。
室温12℃のこの時が今までで一番作りやすかった。
腕がないので、水飴を加えて作るプラチョコと変わらない厚さになってしまったけれど
口に入れたときさらっととろける食感を、夫も楽しんでくれました。

来年も、元気でこのお菓子を食べられますように。。

人気ブログランキングへ ぱくっと、ぽちっと。お願いいたします。
スポンサーサイト

| 手作りお菓子・お料理 | 06:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

うわぁ素敵☆
こんな手の込んだケーキでお祝いしてもらえる旦那様、
幸せ者ですね!
ちゃんとフレッシュフルーツも載っていますし、ね☆

混ぜていく時の、色や質感を変えていく生地の様子って、
ほんと楽しいですよね。
わたしはジェノワ生地のふわふわ卵生地が、
粉が弾きながら混ぜ込んでいく姿が好きです。

| あこぱん | 2012/04/11 11:38 | URL |

v-274あこぱんさん
材料が姿を変えていく過程、出来たてのクリームや
切り落としの味見・・・
菓子はやはり作っている本人が一番幸せかな^^

このケーキはお味はもちろん弓田シェフなんで
ピカ一ですが、
デコレーションが毎度悩みで・・・;;;
来年こそはびしっと決めたい、と毎年思ってます。。

| miichiku | 2012/04/11 20:02 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nekokwashi.blog.fc2.com/tb.php/92-3ea5a81a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。